低スプレッドの本当のこと

FX口座によって違うスプレッド。
もちろん狭いに越したことはないのですが、スプレッドの狭さだけを見てしまうと重要な部分を見落としがちです。

スプレッドというのはあくまで提示されているレートの買値と売値の差であり、必ずしもその買値と売値で約定するというものではありません。
いくら狭いスプレッドだったとしても、結局は約定しなければ意味がないのです。
どれだけ注文しても約定拒否が続くようであれば、極端な話をするとスプレッドが0でも良いということになります。

FX口座比較 スプレッドこういった約定力というものは取引環境やスタイルによっても変わってきますので、他人の評価というものはアテになりません。
実際に自分が使ってみないことには分からないためになかなか厄介なもので、特に細かい売買を繰り返すスキャルピングなどの手法をとっている場合には約定力というものは収支を左右するほどの大きな要素となってきます。

指値注文であればあまり関係はありませんが、成行注文などを多用するのであれば実際に使ってみて約定力を確かめてみるのが良いと思われます。
負けた事を業者や口座のせいにする人の多いネット上では、約定力についての評判などは参考にならないという事だけを書いておきます。

TOP